コバエ 退治 種類

コバエを退治方法と種類を知ろう!

スポンサーリンク

コバエというのは、たくさんの種類から成り立っています。
初めて見たときは、コバエという一つのくくりでしかわからないが、コバエを退治しようと思ったときだんだんわかっていくものです。

 

なぜならコバエの種類によって退治方法が違うのです。

 

コバエ種類

 

・ショウジョウバエ
体は2ミリ〜3ミリ
目が赤いのが特徴
生ごみなどによく発生して、特に腐った甘い果実などが大好物である。
アルコールもすきなため飲み残しの缶にも集まります。
発生場所は台所などの食品の近くである。

 

 

・ノミバエ
体は丸くて2ミリ〜3ミリ
黄褐色
植物やゴミ、肉やペットのフンなどにたかっています。
飛んでいることも多いですが、テーブルた台所などを歩きまわりことも多いです。
一度飛んだら動きが速いため捕まえるのは難しい。
ペットのフンなどに産卵したりするので、衛星的には非常に良くないです。

スポンサーリンク

・キノコバエ
体は1ミリ〜3ミリ
ハエというより蚊に見えるのが特徴
腐った植物が大好き!
家などに観葉植物などを置いている人は注意が必要。もともとの観葉植物の土に卵があり成虫になるケースもあります。
湿気が多くてうす暗い所が好き!

 

・チョウバエ
体は5ミリ程度コバエでは大きい方
羽がハート型で体より大きい羽をもつハエもいる
体には毛が生えていて水周りが大好きです。
お風呂場やトイレによく発生して、夜行性!
排水口や排水管に卵を産む、繁殖力も強いため清潔を保とう。

 

まとめ

 

・コバエの種類を理解して適切な退治方法をとろう

 

・キノコバエ以外は清潔に保てば、発生しないコバエの種類ばかりです。日々室内を清潔にしよう。

スポンサーリンク