コバエ どこから 生ゴミ

コバエはどこからくるの?生ゴミが原因?

スポンサーリンク

コバエってどこからくるんでしょうか?
きずいたらコバエが発生していて、卵を産まれてかなりの数のコバエがいてどうしようなんておもった経験はないだろうか?

 

このコバエはどこから来てるのか、生ゴミが原因なのかのついて今回はご紹介します。

 

コバエというのは実は6つも種類があるのです!
なのでコバエがどこからとを聞かれても種類によって違うとしか言えないのです。

 

種類によって対策が変わってくるので今回は1番一般的なショウジョウバエについてご紹介します。
このコバエはよく発生する場所は台所が多いのです。
このコバエは体は小さな2ミリ〜3ミリぐらいで、特徴としては増えやすいです。

 

すぐに増殖します。元は外から入ってきて生ゴミなどに卵を、産んで増殖させてしまいます。
好物としたら果物のゴミや野菜のゴミなどが好きなのでその匂いをたどって外から入ってきます。

スポンサーリンク

そう最初は外から入ってくるのです。生ゴミなどのにおいをたどって外から入ってくるのがショウジョウバエです。

 

やはりコバエと聞くと汚いイメージがある!確かにいるとうっとしいし汚いところにわくイメージである。そのイメージは正しい!

 

清潔なところにコバエはわかないのだ!
だがこのコバエ(ショウジョウバエ)はコバエ世界の中ではまだ、安全なコバエである!

 

コバエの中には、動物の便から生まれるコバエもいるのである。
このコバエと比べると、ショウジョウバエは便などには卵を産もうとはしないので病原菌の原因にはなりずらいということがある。

 

やはりコバエはどこからと聞かれると外部から入ってくるのです。体が小さい分いろいろな場所をすり抜けて目当ての生ゴミなどにたどり着くわけなので、台所などはしっかり清潔をたもてば問題ないでしょう。

 

まとめ

 

・コバエの種類は6種類あるので、そのコバエにあった対処法をする

 

・ショウジョウバエは病原菌に心配はあまりない

スポンサーリンク