コバエ取り チョウバエ

コバエ取り対策 チョウバエの特徴と発生源

スポンサーリンク

コバエの種類の一つにチョウバエというのがいます。今回はコバエ取り対策のチョウバエについてご紹介していきます。
まずはチョウバエがどんなハエでよく発生する場所を理解をしてからコバエ取りの対策を考えて行きましょう。

 

まずチョウバエの発生源
他のハエもそうなんですが発生源を潰さないかぎりドンドン増えていってしまうものです。
水周りがよく発生源になっています

 

・トイレの排水管
・台所の排水溝
・お風呂の排水溝
・洗面所の排水溝

 

などなどが大きなのです。
卵などを産み付けるのも排水溝などに多いため、トイレに行きチョウバエを全滅させたあとなのにまだいることがあります。
外からの侵入のことばかり気にする人が多いですが実は全滅はしていないだけなんです。
おそらくトイレの排水口などから発生しているだけなのです。
この状況を続けても一向にコバエはいなくなることはありません。

スポンサーリンク

チョウバエの特徴
翅が体よりも大きいのが、特徴!
頭が退化して外見は頭がないようにも見える。全身に剛毛で覆われている。
蛾と見間違いが起こることもある!
人間のトイレや、風呂などに多く発生するのが特徴です!

 

人に対して特に自らは危害を加えることはない!
でもやっぱり大量発生すると不快な思いをするのでやはり発信源からたつようにしよう!

 

まずは特徴の理解を深めてそのハエに対しての対策をしていったほうが、いいのでまずはチョウバエがどんなハエか理解しよう。

 

まとめ

 

・チョウバエはよく水周りに発生することが多い。

 

・外から侵入ばかり気にするのではなく発生源を気にしよう。

スポンサーリンク